スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.13 (Mon)

新舞子をナメたら痛い目に合う。

【タックル】シマノ 鱗海 06-500 シマノ BBXデスピナC3000D
【場所】豊浜⇒新舞子
【天気】晴れ
【釣り方】豊浜⇒紀州釣り。 新舞子⇒ ウキ釣り。
【潮】中潮 満潮夕方4時半? 
【タナ】底付近~竿1本分位を探り。
【仕掛け】円錐ウキでの簡単な仕掛け。 円錐ウキ3B ハリス1,5号 2m
【餌】生オキアミ 練り餌 紀州マッハ2袋+細さなぎ900g+チヌパワー1袋+海水を適当に。
   ウキ釣り時 チヌパワー徳用1袋+オキアミライス2kg+海水

2週続けて釣りに行って来ました。
いい加減坊主は嫌だと闘魂注入して3時半出発
5時頃豊浜に到着したが雨が降ったり止んだり。
5時頃はあまり風もなかった
雨降ってると何かと面倒が増えるので朝マズメを捨て7時に開始。
雨が止んだタイミングで出てきたがダンゴを打ち返すと雨がまたザーザーに
ダンゴを何度か打ち返しているのだが中々アタリは無く1時間位してやっとアタリが来たが木っ端グレ
その後はアタリは回りもまったく風も強いので無く餌を残し場所移動。
この辺ではすでに天気は晴れ。
一度師崎新堤へ行ってみたが風が半端無く強いのですぐ撤収
眠くなって来たし帰ろうかと思ったのですが眠気に勝ち残り餌を消費しに新舞子MPの南岸壁へ。
もちろんここでも風は尋常ではなく波は1m以上ウネリがある(汗
しかし餌がもったいないので強行突破
ウネリが激しいのでウキの号数をBから3Bに変更。
そこで隣の人が30ちょいのチヌを上げる
これに燃えた管理人はすぐさま開始。
最初の30分程はアタリなく魚はいるのかという雰囲気が出ていたが、
4時半頃に待望のアタリ。 少し待ってしっかりアワセを入れると完全に乗った
鱗海は満月を描きむしろ折れそうな位曲がり、水面近くまで浮き、魚影も見えたのだが、ここで足元へもがいて来られ少し強引にやり取りしたら・・・







プチンッ






痛恨のバラシ。 久々だったの腕も鈍った模様。(言い訳)
しかし魚も中々良型で40cmはあった
鱗海の一番下のクラスでは竿に張りがあまりないので強引に行かない方が良かったみたい。
ここでまた隣の人がチンタを釣る。


これは地合だ

※このアタリがあった頃は満潮と夕マズメが結構重なっていい状態であった。

その後も諦めず時間も少ないのでマキエをポンポン放り込んで少しはアタリがあるがチヌのアタリではない。 しかし気合で手返しを繰り返し日が暮れる寸前のウキがあまり見えなくなって来た時に・・・


ドラマは起こった。


残り20分位で終了だなと思いマキエをいつもより多くポンポン放っていると待望のアタリ
ウキがスーっと入って行き、ウキは浮いてこない。
鋭くアワセるともちろん乗った
さっきより型は落ちるが良い引き。
簡単に水面まで浮いてきてあっけなく釣れてしまった。。
結局その1枚で終了
家に帰りサイズを測ると35cmあった。
081011_191959.jpg
久々の一枚が上がりホッとしました。
次回からも最低1枚を目指して日々精進してきます。
 



スポンサーサイト
10:45  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。