スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.10 (Wed)

更新率大幅ダウン。。 12月7日の釣り。

どうも。 多忙?の為更新があまりできずすいません
12月7日に師崎新堤に行ってきました。5時頃エサ一大井店で可愛い口調の店員さんのもと青イソメを購入。
人はぽつぽつですが数える程度ですね。
081207_071027.jpg
(あえて人があんまいない方を撮影)
朝5時半頃から釣ってたのですが寒さは恐らく異常で気温が1度とかしかなかったと思います。
こんなに寒いので魚の活性が低そうな不安を抱きつつ開始。
竿は振り出し二本で道糸は5号、市販の赤い仕掛けでイソメ房掛け
081207_071016.jpg
安い三脚なので水汲みバケツを乗せるときしむので乗せる勇気がないです。
まず最初に来たのがこれ・・・
081207_070151.jpg
ヒトデタブル・・・
冨具崎で投げやる時もこれがよく掛かる・・・
その後15分おき位に仕掛けを回収するが気配なし。
写真にはないですが沖150m付近に網が張ってある+船がよーけ通るので思いきりとばせん
その後1時間に一度づつ位にヒトデが掛かり2匹ヒトデを追加して終了。
寒くてほんどしんどいから終了
今年は本当に目立つ釣果がなくて残念。
チヌはノッコミを過ぎてからだったので出遅れ投げもキスをちょろっと釣って終わってしまった・・・。
来年は寒さに負けず桜の咲く頃からスタートする予定でいます。
(今年が終わったみたいな事言ってますがまだ分かりません)
一応気温が高い日で都合がよければまだ可能性あります。

ではまた。

スポンサーサイト
13:55  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'11.24 (Mon)

忙しくて記事書けない。

11月22日はもちろんHG???の新舞子!
毎度毎度のこと西角目指してひたすら歩いてます(角までは行かないけど)
30番台~でやってます
いつもどおり6時頃到着してタラタラ準備しつつ開始。
常連さん曰く21日はそこそこ釣れたらしい・・・
ど干潮の中開始。
タックルはチヌ竿1号でリールはいつもの2500番、ラインは2号でハリスは1,5という超定番の仕掛け。ウキは自立タイプの0号
一応その日の釣り座を画像でどうぞ。

081109_124330.jpg

え?画像がこの前と同じだって?
先週と荷物の置き方かわんないから同じでいいんです。
だって面倒なんだもん。携帯忘れたし・・・
まあ水汲みバケツもあの日は新しいやつ使ってたし柄杓も使ってないので少し画像とは違うんですけどね・・・。

一応海の状況は干潮ともあり下は丸見え状態で木っ端グレがたまにチラホラしますが試しに投げたエサにも興味はあまりないようでイマイチ・・・
沖10mほどはカケアガリみたくなってる石も丸見え・・・。
魚の気配は無し!
一応ダンゴを握って根気良く手返ししますが餌が取られないぞ・・・(焦)
周りもまったく餌がとられんらしい。
回りもやる気がなくなり休憩し出す!
一応昼に5センチ位のタケノコメバルが釣れる(笑?)

が・・・それ以降は10回ダンゴ投げて一度餌が取れるか程度。
話にならないと言うか魚の気配というものが無い・・・
そのままズルズルと3時半まで釣ってたのですが当たりなし!
そのまま片付けはスピーデイに済ませ退散。
左のほうでチンタが3枚満潮の後に釣れただけかな?
魚がこっちの方まで回ってこなくて残念。
また来週行けたら頑張ります。 
来週は釣れる!・・・と毎週思い続けてますが中々釣れませんね(笑)
餌代が不足してるので分かりませんが諭吉先輩から稼げたら行けそうです
ではでは。
11:12  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'11.10 (Mon)

財布も釣り場も寒い

どーも。
11月9日に新舞子行ってきました
朝4時起床で釣り場に着くと一段と寒い。間違いなく水温が下がっている。
嫌な予感がしつつ6時からスタート。
本日の釣り座 (午後1時撮影)
081109_124330.jpg
携帯での撮影ですで画質の悪さはあしからず。
先週の一部の人だけ数釣りをしていたのでこの日は引きを楽しむなんて甘い事は考えず手返しを重点に先調子の1,5号の磯竿をチョイス。
ウキは2B。
6時から釣ってますが底まで見える位のスケ潮
時々グレが姿を現すが他には気配無し。 画像の通り波はあまり無い。
オキアミ生・ボイルを使ってますが餌は残ったり残らなかったり中途半端
推定午前8時頃ウキが消しこむまではいきませんが前アタリ無しにスパっと沈んだのでここで鋭くアワセ。 すぐにベールを閉じ糸を巻き巻き。
予想通りグレだったのですが22cm前後(測ってないですが)
その後は一度もアタリなし!!
マズメに勝負しようと思いここでまさかの昼寝(爆)
前日夜9時まで働いていたので仕方ない。
すぐ起きましたが釣れてる気配ないので西に歩く歩く。
紀州釣りをしている人達に挟まれつつ他に場所はなくここで勝負
ここはまた面倒な場所を選んだらしく右から左に仕掛けを流していくが左でなじんだ頃にアタリが来る。チヌ当たりではないのが・・・
根魚ラッシュでタケノコメバルが4,5匹掛かる。
そして潮止まりの頃アタリがなくなり自分も竿に仕掛けが絡む絡む
ここで休憩を兼ねて周りに情報を探り入れるがチンタ3枚にチヌ1枚、良型グレ2枚?とのこと。
とても渋い。 土曜日は夕方からそこそこ釣れてたとのこと。
水温が下がった影響が・・・・・・
戻ってすぐ仕掛けを直すが波が強くなってきたのでハリスにジンタンを着けようとしたが手が寒い上に近い所が見えん。 コンタクトをすると遠いとこは見えるが近い所はあまり見えん・・・
この作業にジンタンをポロポロ落っことしイライラしながら付け終え

いざ!


あれ?????????
1投目回収時にガイドに糸が絡んでるうゥゥゥゥゥ(怒)
1~2度竿振れば直ると思いフリフリするが直る気配無く自力で取ろうとするが結び目ができてたので諦める。FUJIさんの新製品ガイドは糸が絡みにくいのが売りじゃなかったんかーい?
ここで仕掛けを作り直す力も無く撃沈(爆)

感想
日曜日は本当に渋かった。
回りも釣れない中どんどん帰って行く所を寒い中頑張ったが実らず。
今月までは頑張ってみますがサルカンに糸が通せなくなったら冬眠かな?
今年は10回弱チヌ釣りしましたが結局1枚という貧果。
来年はのっこみに乗り遅れず軌道に乗せたいと思っております。


日曜日の釣果

グレ22cm? 1枚  
木っ端グレ1枚
タケノコメバル?20cm弱 4枚位。



14:50  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'11.02 (Sun)

新舞子MP!

本日は昼前から日が沈むギリギリまで新舞子へ紀州釣り&途中からウキフカセ釣りに行ってきました。
同調子の1号チヌ竿をチョイス。
紀州釣りとのことでリールは汚れても良い位の気持ちで使っている2500番のBBXラリッサ けど手入れは欠かしませんよ。
しかし紀州釣りで何回も使ってたらシャカシャカ音がするようになったような・・・
道糸はこの前新調した永易さんプロデュースのWAXなんとかの2号で挑む。
ハリスはちょっと頑張って1,2号まで下げてみた
タナは徐々に調整して底トントン位で開始。
今日はボラが良く跳ねてるのが見えたし水面を50cmくらいのボラが泳いでるのが一度見えた
潮の流れがあまり無くウキもまったく流れず餌も全く食われない。
2時間位すると㊨100mほど先にいる紀州釣りのオッサン3人が横一列になって釣っていたのですが当たりがある様で何度も大アワセを入れて竿のヒュンって音が聞こえてくる。
もちろん気が散って集中できない。(人のせい)
その後はその㊨100mほど先にいる紀州つりオッサン3人組だけ当たりがあり釣れる釣れる。
秋サイズの数釣り状態・・・


こっちは全く当たりが無い


後々その3人組の方に行ってみるがその3人組の少し左にいる人はまったく当たりがないとのこと。
どうやらその3人の所にチヌが寄りすぎたのか他の所ではまったく釣れてない。
たまに外道でグレが1時間に1枚程度上がっているのが分かった程度・・・
あまりに暇すぎて近くに寄ってきたハトにマキエをあげて遊ぶ始末。
結局自分も15時位までやってたが一度もウキが沈む事はなく・・・

いや一度は沈んだ・・・




割れる前のダンゴの重みで。


結局自分は外道すら釣れず波でウキに少し波紋が出る程度3cm以上沈んだ事は根掛かり以外では一度もなく終了・・・・・・・・・・・・・・ あと割れる前のダンゴの重み以外で。

その後餌を少し調合し休憩を挟み数釣りオッサン3人組の近くでフカセで挑むが紀州釣りとフカセではフカセの方が不利だった。 痛恨のミス。 ダンゴで続ければ良かった・・・・
が、手が汚れるという最悪の理由でフカセにしてしまった。
もちろんその後もアタリ無く撃沈。 いわゆる完全なボウズ

寒くなる前に釣りにまだまだ行く予定なのでまた来週日曜日に新舞子行って来ます。


・・・魚に餌撒きに。

22:14  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'10.13 (Mon)

新舞子をナメたら痛い目に合う。

【タックル】シマノ 鱗海 06-500 シマノ BBXデスピナC3000D
【場所】豊浜⇒新舞子
【天気】晴れ
【釣り方】豊浜⇒紀州釣り。 新舞子⇒ ウキ釣り。
【潮】中潮 満潮夕方4時半? 
【タナ】底付近~竿1本分位を探り。
【仕掛け】円錐ウキでの簡単な仕掛け。 円錐ウキ3B ハリス1,5号 2m
【餌】生オキアミ 練り餌 紀州マッハ2袋+細さなぎ900g+チヌパワー1袋+海水を適当に。
   ウキ釣り時 チヌパワー徳用1袋+オキアミライス2kg+海水

2週続けて釣りに行って来ました。
いい加減坊主は嫌だと闘魂注入して3時半出発
5時頃豊浜に到着したが雨が降ったり止んだり。
5時頃はあまり風もなかった
雨降ってると何かと面倒が増えるので朝マズメを捨て7時に開始。
雨が止んだタイミングで出てきたがダンゴを打ち返すと雨がまたザーザーに
ダンゴを何度か打ち返しているのだが中々アタリは無く1時間位してやっとアタリが来たが木っ端グレ
その後はアタリは回りもまったく風も強いので無く餌を残し場所移動。
この辺ではすでに天気は晴れ。
一度師崎新堤へ行ってみたが風が半端無く強いのですぐ撤収
眠くなって来たし帰ろうかと思ったのですが眠気に勝ち残り餌を消費しに新舞子MPの南岸壁へ。
もちろんここでも風は尋常ではなく波は1m以上ウネリがある(汗
しかし餌がもったいないので強行突破
ウネリが激しいのでウキの号数をBから3Bに変更。
そこで隣の人が30ちょいのチヌを上げる
これに燃えた管理人はすぐさま開始。
最初の30分程はアタリなく魚はいるのかという雰囲気が出ていたが、
4時半頃に待望のアタリ。 少し待ってしっかりアワセを入れると完全に乗った
鱗海は満月を描きむしろ折れそうな位曲がり、水面近くまで浮き、魚影も見えたのだが、ここで足元へもがいて来られ少し強引にやり取りしたら・・・







プチンッ






痛恨のバラシ。 久々だったの腕も鈍った模様。(言い訳)
しかし魚も中々良型で40cmはあった
鱗海の一番下のクラスでは竿に張りがあまりないので強引に行かない方が良かったみたい。
ここでまた隣の人がチンタを釣る。


これは地合だ

※このアタリがあった頃は満潮と夕マズメが結構重なっていい状態であった。

その後も諦めず時間も少ないのでマキエをポンポン放り込んで少しはアタリがあるがチヌのアタリではない。 しかし気合で手返しを繰り返し日が暮れる寸前のウキがあまり見えなくなって来た時に・・・


ドラマは起こった。


残り20分位で終了だなと思いマキエをいつもより多くポンポン放っていると待望のアタリ
ウキがスーっと入って行き、ウキは浮いてこない。
鋭くアワセるともちろん乗った
さっきより型は落ちるが良い引き。
簡単に水面まで浮いてきてあっけなく釣れてしまった。。
結局その1枚で終了
家に帰りサイズを測ると35cmあった。
081011_191959.jpg
久々の一枚が上がりホッとしました。
次回からも最低1枚を目指して日々精進してきます。
 



10:45  |  釣り日記  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。